リースの申込みから契約・解約まで – コピー機リースの噂検証

HOME » コピー機のリースについて » リースの申込みから契約・解約まで

リースの申込みから契約・解約まで

コピー機のリース契約がどのような形になっているのかは、意外とハッキリしない部分もあるかと思います。
リース会社によって細かい部分は変わりますが、契約までの流れについて取り上げます。

まずはどのコピー機が良いのかを選び出した上で、リースの見積もりを行います。
そして見積もりした額に納得したのならば、必要書類を提出した上で審査へと移ります。
リースするのに審査があるのかと驚かれるかもしれませんが、どこのリース会社でも必ず審査はあります。
毎月料金を支払いコピー機を使うことになるので、途中で支払えなくなるのはどうしても避けて通りたいものです。
その為にも審査を行い、リースをするかどうかを決めます。
ただ審査があるからとそこまで身構える必要は無く、余程のことが無い限りは通る筈です。

審査が通れば、リース料の見積もりが再び会社側から提示されます。
提示された金額に間違いが無ければ、いよいよ契約です。
契約が済めば希望するコピー機の発注となり、リースが始まります。
そして借受証が発行されれば、支払いの開始です。
支払方法については、銀行振り込みか口座引き落としになるでしょう。
この辺についてはリース会社とよく相談した上で、決めるようにして下さい。

そしてリース期間が満了する2~3ヶ月前になると、引き続き利用するかどうかを聞かれるかと思います。
もし引き続き利用するのならば再契約という形となり、使わないのならば契約終了となります。
契約完了となればコピー機の返還となります。
どのような形になるかについてはリース会社にもよりますが、基本的にはこちら側の負担になるかと思います。
費用が掛かってしまうものの、こればかりはどうしようもありません。

以上がコピー機や複合機のリースの流れとなります。
かなり大雑把にまとめているので、不十分な部分もあるでしょう。
でもある程度の流れだけでも掴んで頂ければ幸いです。
尚詳細については直接リース会社まで問い合わせるようにして下さい。