リースのメリットとデメリット – コピー機リースの噂検証

HOME » コピー機のリースについて » リースのメリットとデメリット

リースのメリットとデメリット

最近のコピー機は「これ一台あれば他のOA機器は必要ない」と言わんばかりに、ものすごい性能を誇っており驚くばかりです。
コピー・FAX・データー転送は当たり前で、最近は受信したデーターをパソコンに直接転送出来るようにもなりました。
ただ実際に購入するとなると、かなりの金額がかかります。
そこで最近はコピー機や複合機をリースすることにより、経費を抑えつつも高性能な製品を取り入れようとする企業が増えています。

複合機ともなれば、コピー機・FAX・スキャナーなどの製品を1つ1つ揃える必要もありません。
1台で全て事足りると言っても過言では無く、大きな負担にならないのも嬉しいメリットです。
ただしリースをするには毎月決められた費用をリース会社に支払う必要がありますが、支払う分に関しては経費で落とせるようになっています。
また料金は変わらないので、管理がしやすいのも大きなポイントです。
アフターケアも万全で定期的にメンテナンスもしてくれるので、安心して使って頂ける筈です。

でもどんなものであっても、メリットがあればデメリットがあるものです。
リース最大のデメリットと言えば、途中解約が出来ないことでしょう。
実際に解約についてのトラブルも多数報告されているので、もし検討しているのならば肝に銘じておかなければいけません。
途中で解約を希望するのならば出来なくはないものの、費用はどうしてもかかってしまいます。
またリースはあくまでも”リース”であるのも、意外なデメリットかもしれません。
購入した訳では無いので、必要が無くなったからとはいえ何処かへ売り払うことは出来ません。
万が一売り払ってしまった場合、大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

リースは経費削減にもなり万全体制のケアで、大変魅力的なものです。
でもデメリットがあるのも事実で、そこから目を背けると後悔だけでは済まされません。
その為にもリースを安易なものとして考えるのではなく、会社そのものの存続にかかわるものとして捉えるようにしましょう。