リースとレンタルの仕組みは? – コピー機リースの噂検証

HOME » コピー機のリースについて » リースとレンタルの仕組みは?

リースとレンタルの仕組みは?

リースの仕組みを簡単に説明すると、リース会社が購入したコピー機を一定期間の間リース料金を支払いながら使う方法を指します。
一見すると「レンタルなのでは?」と思うかもしれませんが、レンタルとは全く違います。

最も大きな違いと言えば、契約期間でしょう。
リースの場合は5〜6年の契約期間に対して、レンタルであれば長くても1年が関の山です。
平均的に見ると1か月前後になるので、どちらかというと一時的に使う為の物になるかと思います。
また使える機種もリースであれば最新鋭のものに対して、レンタルでは一昔前の機種がほとんどです。
ただ最近はレンタルであっても最新鋭のものが揃っている所があるものの、全体的な数としてはまだまだ少なくなっているのが現状です。
でも5年も6年も使う予定が無いというのならば、レンタルの方が良いかもしれません。
途中で解約も自由に出来るようになっているので、コスト面から考えてもお得です。

また契約の内容についても、レンタルとリースでは大きく違います。
先程にも述べたようにレンタルは途中で解約することが出来ますが、リースは途中での解約は出来ません。
どうしても解約したい場合は解約金等がかかってしまうので、余計にコストがかかってしまいます。

ではリースやレンタルではなく、実際に購入するとなるとどうでしょうか。
良いものになると数百万円近くかかるので、出ていくお金はかなりのものになるでしょう。
でも上手く利用すれば、実は複合機のリース価格よりも安く抑えることも可能です。
購入したのならば所有権はご自分にあるので、途中で必要が無くなったのならば売り払うことも可能です。

コピー機はどの企業や仕事でも無くてはならないもので、どういう風に手に入れようかと考えている方も多いでしょう。
しかし安い買物とは言い切れず、導入には慎重になる気持ちもよく分かります。
そこでリースで手に入れようとしている真っ最中かもしれませんが、よく考えてから行動に移すようにして下さい。