コピー機導入を考えているのならば... – コピー機リースの噂検証

HOME » コピー機のリースについて » コピー機導入を考えているのならば…

コピー機導入を考えているのならば…

どこの企業でも、絶対に必要となるのがコピー機です。
大企業だけでなく個人事業であっても、コピー機が無ければ仕事は出来ません。
しかしいざ導入するとなると、様々な問題に直面します。

1番の問題はコスト面でしょう。
コピー機にも色んな種類があるので一概には言えませんが、新品の業務用コピー機となると300万円・オプションを付けると400万円以上になる場合もあります。
モノクロであればある程度費用は抑えられますが、それでも70万円はどうしてもかかります。
数百万円ぐらいなら余裕で出せると、いう所であれば何も問題は無いでしょう。
でも今は、1円の経費も無駄に出来ない筈です。

新品が駄目ならば、中古という手もあるでしょう。
中古もコピー機の種類によりますが、10万円〜30万円ほどで手に入ります。
300万円近くするコピー機が中古でとなると、1/10で購入出来るとなると「お買い得」と思われるかもしれません。
しかし中古は「安かろう悪かろう」で、”ワケあり”と呼ばれているものも沢山出回っています。
購入したのは良いけど、使って直ぐに壊れたという話も珍しくは無いのです。

そこでおすすめしたいのが、リースです。
おそらく多くは「リースならば安く済む」という噂を聞きつけて、検討を考えていることでしょう。
購入する訳では無いので金額はほとんどかからず経費で済ませられるので、会社にとっては願ったり叶ったりです。
機種も古いものもありますが、最新鋭のコピー機も揃っています。
導入してすぐに壊れるということも無いので、安心して使って頂ける筈です。

ただしリースを考えているのならばメリットだけでなく、デメリットともしっかり向き合う必要があります。
費用がかからないことがリース最大のメリットでもありますが、下手をすれば新品を購入するよりも費用がかかる場合があるので要注意です。
メリットとデメリット双方をよく考えたうえで、コピー機を導入するようにして下さい。